« 嵐を呼ぶオンナ? | トップページ | 図書館にて発見! »

刻まれた記憶

(今日もドリブログ!より)

おはようございます。
今日の東京は、秋を感じさせる雨です。
ハレオトコ・サマが、ここにいないんだなぁ、と実感してしまいます。
でも、昨日の琵琶湖が晴れで、ほんとによかった!
心から、そう思います。

Photo_42
てなわけで、
まささんが行きたくても行けなかったであろう、
彦根城をUP☆
2ヵ月半ほど前、ですが♪


                      ☆  ★  ☆

えっと。
今日もドリブロをチェキしていた、
ノロノロ運転中の電車内で
ポロポロ泣いてしまいました。

まささん。
D15のライブで、TLRのライブで、ハンナマで、ドリブロで。
さまざまな機会で「何度でも」に込められた想いを聞かせてもらって
そのたびに、ココロックされていました。
今日も。
こらえきれない想いを。痛みを。
伝えてくれて、ありがとう。
無事でいてくれて、本当にありがとう。
そんなこと言って、ごめんなさい。
ごめんなさい。

                      ☆  ★  ☆

あの時、私は。
合宿中の、山梨の安宿で
歌う仲間といっしょに
テレビの前に釘づけになっていました。
誰も、動けない。誰も、何も言えない。
嘘でしょ?映画でしょ?現実じゃないよね?
口の中でだけ、呟いて。
泣くことなんて、おこがましくて、できなくて。
ただ、そこに、いました。
次の日からの、REQUIEMの練習は
痛みを伴って、でも、より、真剣でした。
鎮魂を歌うことの意味を、考えました。


それから1年。
私にとって8年ぶりのN.Y.は
曇り空と、重い空気と。
癒えることない、悲しみに包まれていました。
GROUND ZEROに、花を手向けたい、なんて
甘ちゃんな考えは吹き飛んで
歌うことも祈りを呟くことも、浅はかな気がして
何も、できなかった。


今も。
何も、できない。
傷や記憶や痛みに苦しむ方たちに
何かしてあげられるなんて、考えるのもおこがましい。
そう感じてしまうのは、きっと、臆病なのだろうけれど。

だから。
ただ、ひっそりと、静かに。心の内で。
願う、祈る。
それだけは。

たくさんの祈りが、空を越えて
未来へ、届きますように。
すべての、あなたの毎日に、一片の笑顔が生まれますように。

                      ☆  ★  ☆

今日が佳き日でありますように。

|

« 嵐を呼ぶオンナ? | トップページ | 図書館にて発見! »

コメント

まささんのブログに息がつまる思いでした。そんなに近くにいたんだ!ってテレビでしか見ていないのに、怖くなりました。平和であることがどんなに難しいことか、思い知らされた5年前の夜。映画やろ?って何回も旦那に聞きました。子供になんて言えばいい?
何のために?って聞かれたら・・・気が付いたら泣いてました。
次の日の朝小学生だった子供達は、テレビの前で動きませんでした。「何これ」「なんで?」・・・「お母さんもわかれへん・・・」
すごく暗い顔で「いってきまーす」って家を出て行きました。
帰って来た時には、もういつもの二人でしたけど。でも今でもあの映像は嫌がります。世界中の子供達にこんな映像見せたくないって
世界中の大人たちが思ってくれたらいいなと心から思います。
まささんもみわちゃんも無事でよかった。まささん、みわちゃんを助けに行ってくれてありがとう!二人とも元気でありがとう!

投稿: みみりん | 2006/09/12 20:41

>みみりんさん
自分ひとりでも、受け止めるのが大変なことを
子どもに、どう伝えるのか。
難しすぎます。
子どもの「なぜ」に答えられないこと、たくさんあるけれど
いっしょに考えること、いっしょに受け止めること、それが大事で
きっとみみりんさんは、十分果たされたんだろうと思います。

「自分を守る」以上に、「誰かを守りたい」って気持ち。
みみりんさんやまささんに、自然に沸き起こる、その気持ち。
それが世界にあれば、悲惨な暴力は、起こらないはずだと
そう感じました。
ありがとうございます。

投稿: naoko | 2006/09/12 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52043/11864615

この記事へのトラックバック一覧です: 刻まれた記憶:

« 嵐を呼ぶオンナ? | トップページ | 図書館にて発見! »