« 浴衣!!! | トップページ | お呼びでなーい? »

WALL

壁にぶつかるばかりで
どこにも届かない私の気持ち
届いた、と思った次の瞬間には
あえなくぶつかって地面に落ちる
 
あなたの気持ちは分厚い壁の向こうで
ときおり気まぐれな風に乗ってくるかすかな便りに
踊らされるばかりで、結局何もわからない
頬をそっと寄せてみても
高く厚く冷たい石は
ほんの1ミリのスキマすら持たず
ただそこに厳として存在するだけ
 
声が聞きたい。ぬくもりを感じたい。
でもこの壁が全てを阻む
彼の無関心が作ったものなのか
それとも私の臆病虫が作り上げたのか
 
壁の方を向いてさえいれば
寂しくて涙に暮れる夜も
心細くて寝付けない明け方も
きっと乗り切れると信じていた
けれど……
 
壁を見つめれば見つめるほど
壁に近づけば近づくほど
その存在は大きく、強く、
届かないんだということをまざまざと見せつける
 
あぁ、願わくばこの壁の向こうで
あなたが同じように悩んでいますように
そしていつの日か両側からの熱い視線が
この壁を磨耗させ、亀裂を入れて
あふれる言葉と微笑みを
伝えられる朝が来ますように       
                        2001.9.2


PCを整理してるうち、見つけちゃったのは
5年も前の、想いの記録でした。
なんか、暗いよねぇ?青春時代なのにね。
ネタ切れではない、はず。です。

|

« 浴衣!!! | トップページ | お呼びでなーい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52043/11035247

この記事へのトラックバック一覧です: WALL:

« 浴衣!!! | トップページ | お呼びでなーい? »