« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

しばらくカニは食べません

日曜日はおおごちそう。
エビにカニにカツオにマグロ
実家に帰ってた両親が意気揚々と買って帰ってきたら
ほぼ徹夜明けで変な朝寝と昼寝をした身でも
食べないわけにはいきません。

明け方、息ができなくて目が覚める。
胃がけいれんして息が詰まって寒気がして
身体が何かを押し出そうとするから、抗えない。
苦しくてわけがわからなくて全部空っぽにしてしまいたくなった。

月曜日は、休めない。
直しのFAXやら新しいゲラが積んである日だから。
遅刻しながら本社の診療所に行ったのに、あしらわれる。
歩く気力がないからタクシーで会社へ。
いつものように極寒の会議室で
いつも以上のだらだら会議。長い。
頭の先から足の先から骨の髄まで凍りつく。
倒れ損ねて、早退。

電車に乗っても溶け切れないから
もうろうとしながら銀座をめざして歩く。
新橋にたどり着いて彷徨っているうちに、溶けるどころか沸騰してくる。
なんとか帰り着いてみたら、体温計がおかしな値を示してる。
きっかり12時間、高熱にうなされる。
でもやっぱり
「その氷枕、水漏れして危険だからやめた方がいいかも」とか
喋ってることは冷静な自分がおかしい。

朝寝から目覚めたら平熱に戻る。なぜだ。
確かに火曜日も休めない、けどさぁ。
風邪薬をもらって午後から出社。
みんな、私がハライタだって知ってる。なぜだ。

よくわかんないけど、完治もしてないので
早寝しなきゃなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛がROCKする土曜日(感想・ごく一部)

横浜に生まれて、横浜に育って
住民票は一度も移したことがなくて
ずっと横浜市民でもいいなーって思う。
hanakoでも、ハマっ子は地元を愛してるって統計が出てました。
で。

今さら、横浜生まれでよかった!って実感したのは
美和ちゃんが「横浜BABYS!!」
って呼んでくれたときに、「YEAH!」ってお返事を返すのが
名前を呼ばれてハイって言うのと同じくらい
自然で当たり前の感じがしたから。

自分が属してて、育まれた場所で、ほっとする場所
それがふるさと、なんだね。
まだ離れたことがないから、懐かしく感じることはできないけど
私にとっての唯一の場所なんだ、ってことがわかった。
美和ちゃんの一声で。すごいな(笑)
どうしてドリのことばは、こんなにもココロの水面を揺らすんだろう。
さざめく波紋は、おっきなハート型を描いてるんです。


>>追記>>
ドリのおふたりの、期間限定のブログができました。
日々を語るまささんと、ふるさとを語る美和ちゃん。
どんなことばが聴けるのか、楽しみ~です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛がROCKする土曜日(本番!)

朝7時に自然起床。
遠足の前日は眠れない子ども、ではなかったはずなのになぁ。
10時に病院。
定期検査は先週終わってたのでした。
12時帰宅。
お出迎えの準備。
取りすぎちゃったチケットを快く引き取ってくれた友達が泊まるのです。
16時出発。
今日のためのTシャツ。雨に負けないぞ。
17時15分到着。
プログラム入手!
17時30分出陣。
Fブロック8列目。胸が高鳴る。
18時10分開演。


低音が身体の芯まで揺さぶる。
歌声が空間を輝きに染める。
リズムが身体を音楽に変える。
想いが重なって、愛がこだまする。

どれだけ感謝しても足りないくらい
ドリの歌に助けられて生きてるから
同じ空間にいる、声が届く、この時だけは
客席からも、愛を叫ぶのです!!

だって、ライブは、参加しなきゃー損だよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛がROCKする土曜日(ひとりで前夜祭)

前日の金曜日は、がまんできずに
ツアートラックを観にいっちゃいました。

夜にひとりでチャリにまたがって
超笑顔でトラックを写メールする女が、独り。
怪しすぎ??

ついでに正面口にまわって、ロビーを覗き込んでみたら
チラシを挟み込むバイトさんがたくさん。
後ろには、グッズのブース。
いいなー。
無料でいいから、コンサートの準備を手伝えたらなー。

一周して、満足して、チャリで帰宅。
完成した当初、まだ私が小学生だった頃から
何の意味もないでっかい建物だった、横浜アリーナが
特別で、嬉しい場所になった。
愛ってやつはすごいねー。

というわけで、明日は半年以上待ちに待った、コンサートです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さい嘘はついてもいい

誰も傷つけない嘘ならば。
という、ぶちょー様のおコトバを盾についた嘘は
「病院に定期検査いってきまーす☆」
で。
渋谷の公園通りの上には、病院はありませんね。

ひっさびさの、NHK西門にたどり着く頃には
天気予報どおりの雨で、新品のミュールもびしゃびしゃ。
暗い空も雨も風も、浮かれる気持ちに水はさせない。
福岡から、このためだけにやってきたハタチの女の子とともに
いざ、NHK「POP JAM DELUXE」の収録へ、出陣!

  DREAMS COME TRUEの出演収録なんです!
  横浜アリーナコンサートの前に盛り上がっちゃいます!!!

350人の、ドリカムFCの皆さま。
どこか似た雰囲気をお互いに感じつつ、すこーしずつ歩み寄って
偶然のお隣りさんと、はやる気持ちを分かち合う。
ちなみに私の整理番号は、なんとなんと、12番!
限りなく先頭に近い、けど、いったいどんなスタジオなんだろう?

待つこと、1時間半。長かった・・・・・・
スタジオまでの道のりも、長かった。迷路みたい。
NHKには方向音痴じゃー勤まらないってことね。
そんなつまらないつっこみは置いといて、
おとなしく1列に並んで、やっと入れたスタジオ。
照明で浮かび上がった、小さなステージ。
ステージと柵との間は、1メートル。
私は、12番。
つまり、端から12番目。
そしたらセンターから3人目!!!!
上手(かみて)に寄りがちの美和ちゃんの、目の前!!!!!!

ツアーのバンドメンバー「THE LOVE ROCKERS」と
ドリの美和ちゃん・まささんと
350人の「POPJAMBABYS」と
夢にも見れないような幸せな時間を過ごしました。

美和ちゃんは手の届きそうなところで、愛を叫んでくれるし
まささんは緊張気味で「ていうか」のコード間違えてくれるし
BABYSは歌詞完璧で大合唱だし、アンコールもしちゃうし
それに応えてくれちゃうドリだから、みんな大好きなんだよね。

なんで自分の目に、録画機能がないのか、悔しくなったよ。
瞬間瞬間を全部逃さず、全部記憶に刻み付けておきたいよ。

ありがとう。
愛にあふれた空間に立ち会えたことを、大感謝してます。
大好きだよ。
このことばが、そんな気持ちが、もっと空に溢れてるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4000円。

2時間お酒を飲んでみたり
ハードカバーを2冊買ってみたり
欲しいCDがあったり
ケイタイの料金を払ったり
大きくもなく、小さくもない額で
ピアノが手に入りました。

ロールピアノってやつをネットショッピング。
音は、合ってる。
100種類の音色もある(いらないけど)。
録音・再生もできる。
が。
押し続けないと音が出ない……。
3音以上の音が出ない。。。。。。
度取れ富とふぁと外らと紙の
音が出なーい
とってもだいじにしてたのに~
こわれて出ない音がある~

お値段の分は、楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「RENT」!!

観て。


公開から10日、
全然、一般の人の話題にのぼらないけど
確かに、HIVとか、同性愛とか、N.Y.の暗い時代が舞台だけど
根底にある人間くささとか
弱さとか、愛しさとか、エゴイズムだとか
そんな、いつも誰もが逃れられないものに
真っ向から向き合って生きることが
どれだけ貴重なのか
きっと、伝わるから。

今を去ること10年前
出遭ってしまったフレーズに
涙が出た。
音と、声と、リズムだけ。
今も、その歌を聴くたびに、揺さぶられるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
525600分 
その瞬間瞬間が、こんなにも大切なんだ
525600分
1年という時間を
あなたなら、何で、測る?

陽の光、夕焼け、夜の帳
コーヒーを何杯飲んだか、笑い声か、涙の時か、それとも
愛で測るのはどうだろう

愛おしい気持ちがあふれる
この愛を憶えておいてほしい
かけがえのない、この季節を
今、この瞬間を

(勝手な意訳です)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10年前のオリジナルキャストが
深みを増した声と表情で
きっと、あなたの心も揺さぶると思います。

時間とお金の無駄だった!っていう苦情があれば
鑑賞料金と文句は、こちらで引き受けますので。
渋谷文化村と、川崎チネチッタと、銀座あたりで公開中です。
ぜひ。
私はたぶん今週、2回目を観に行きます。


・・・・・追記・・・・・
渋谷文化村は、超満員でした。平日なのに。
笑い、涙涙、って感じで、みんな、うるさーいよ(笑)
若い人が多かったけど、大満足な様子でした。
個人的には、音響良いところで聴いたほうがよりよいと思います。
また行っちゃいそうだなぁ、川崎。。

独りで歌う、激しさや痛みや力強さも
誰かと歌える、愛しさやためらいや心強さも
どっちも、大事に。
今この瞬間しか、ないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »