« 花花 | トップページ | 「きみに読む物語」~コンテンツとは? »

「きみに読む物語」~愛とは?

絶対観る!ではなく観たいな。くらいの映画を
実際映画館で観ることはなかなかない。
更にそれが当たりであることは、もっとない。
オーソドックスでありながら、所々で予想を裏切る
匙加減が丁度良い、そんな作品でした。

「あなたの愛する人と見てください」というキャッチコピーでは
大分、観客動員数が減ってしまうと予想できるけれど
良い意味できっと正しいコピーだと保証できる

ハッピーエンドなんてものは、都合の良いお伽噺の中しかない
成就した恋のその先には、幸せな出来事だけではなく
苦しみも悲しみも安らぎも諦めも慰めも、時間の分だけ押し寄せる
もちろん共に生きると誓った相手との時間は
幸せを積み重ねるための時間、だと信じているけれど
「富める時も貧しき時も、健やかなる時も病める時も」
共に生きられると確信できる、か。
「愛」とは?
何だろうね。
それを語るにはまだまだ、私は足りなさすぎるけど。

|

« 花花 | トップページ | 「きみに読む物語」~コンテンツとは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52043/3213959

この記事へのトラックバック一覧です: 「きみに読む物語」~愛とは?:

« 花花 | トップページ | 「きみに読む物語」~コンテンツとは? »