« 「十三階段」 高野和明 | トップページ | 仕事モードに切り替えなければ »

おいしいコメを食べた

表参道の、ごはん屋さんともお酒屋さんとも言えないお店。
こういうのって、お店の名前出したほうがいいのかしら?
大かまど屋「寅福」ってお店です。二度目の訪れ。

いやぁとにかく、白いごはんがおいしい。
ごはんセット¥740也、には、お漬物やらとろろやら
お米を楽しむ付け合せがいっぱい付いてるんだけど
付け合せを食べ切らなきゃいけないから仕方なくごはんと食べてる、って感じ。
ほんとは、ごはんだけで食べたい。
噛み締めて、農家のおじさんに感謝。

持ち帰って、父母にも食べさせたいなって思ってしまった。
最近、めっきり年老いた(と言ったら怒られるんだろうけど)両親には
もっと人生楽しんでほしいな、なんて生意気な思いを抱いてる。

♯だったら早く楽させてやれよ、って一人つっこみは
 敢えて想起せず、飲み込んでおきたいところ…

まぁともかくも、美味しいものを素直に美味しく感じられるのは
どんな思いで誰と食べるか、が結構な要因なのだと
再確認した一食でした。

|

« 「十三階段」 高野和明 | トップページ | 仕事モードに切り替えなければ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52043/1366192

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいコメを食べた:

« 「十三階段」 高野和明 | トップページ | 仕事モードに切り替えなければ »