« Words of Darkness 2002.9.6 | トップページ | オトナデアル     2002.9.14 »

2006年9月 6日 (水)

Room        2001.9.6

どうしても自分の部屋がほしかった
自分だけの、誰にも入って来れない場所が
テリトリーを侵害されることに敏感な私は
自分の中に入ってくる何かをひどく恐れた
自分を傷つける何か達を

そして得られたのは充足感ではなく
更なる孤独と見えないバリア
近寄りがたい雰囲気を
知らずのうちに、身に付けてしまった
なんて悲しい仮終止

今私が部屋を得たいのは
誰かを締め出すためではなく
受け入れるための準備
自分だけのテリトリーを築くと共に
どんな人でも受け入れられる開放的な部屋
誰でも落ち着くことができる空間

新しい場所を得られたら
また一つ成長できる
言い訳にしか聞こえないかもしれないけど
でもそれが今の私の真実
だれとも相容れない私だけの
そんな最もプライベートを
理解してほしいのは、家族ではなく
あの人なのだ
あれ?矛盾してるね(+_+)


>>2006.9.6>>
一人暮らしの決心の日記ですね。
狭い家に住んでたので、
「自分色の空間」に、すっごい執着してました。
今は、満たされた空間を作れたので
自分の部屋にいるのが、どこより、安心。

空色の部屋です。

|

« Words of Darkness 2002.9.6 | トップページ | オトナデアル     2002.9.14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52043/11616924

この記事へのトラックバック一覧です: Room        2001.9.6:

« Words of Darkness 2002.9.6 | トップページ | オトナデアル     2002.9.14 »