« warm 2001.9.2 | トップページ | of my age   2001.9.3 »

2006年9月 3日 (日)

be myself  2001.9.3

自分のまま、ありのままでいることほど
勇気のいることはない
私は合わせてしまう人間だから。
たぶら・らさ
つまり合わせる方法をいつも探っているんだけど
 
合わせて合わせてその人好みの私でいる
それは大変でもあるけど
同時に楽である
傷ついたとしても、それは
合わせる作業に失敗したからだと
自分に言い訳して、また新たな仮面を作る
 
変わりたいと思っていた
変わったと思った
でもそれは幻想だったのか
受け入れられたと感じた瞬間
そこから逃げ出したくなる
 
叫びたくなる
「それはニセモノなの!」
「私はここにいるの!」
でも張り付いた笑顔の仮面は
そう簡単に壊れない、壊せない
 
そのうち仮面を被っていることすら忘れて
ニセモノがホンモノになっていく
どこからが仮面だったのか
それすら今はわからない
 
自分でいるってどんなこと?
楽でいられるのは一人の時だけなんだろうか
一人の時は仮面を被った自分を思い出して
やっぱりあぁすればよかったとか
失敗したから印象悪くしたかなとか
そんな事ばっかり考えてる
仮面に振り回されてる私
でも仮面を作りたいって思うのは私自身なんだ
だったら仮面も私の一部なのかなぁ?


>>2006.9.3>>
本来の自分、って、何でしょうね。
今もよくわかりません。
1人きりでいても、心安らぐ相手といても
そのときによって、ちょっとずつ違う自分がいて。
「ありたい自分」でいられるときが
「本来の自分」だったらいいのに。

|

« warm 2001.9.2 | トップページ | of my age   2001.9.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52043/11616859

この記事へのトラックバック一覧です: be myself  2001.9.3:

« warm 2001.9.2 | トップページ | of my age   2001.9.3 »